CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
行者山&剣尾山
旦那が連休なので、お山に行ってきました。
連休の初日でないと、山に行った次の日がしんどいのよね・・・

今回は能勢の行者山&剣尾山コース。わりと険しいといわれるコースで、特に行者山は大きな岩があちこちにあります。その名の通り、昔はお坊さんの修行が行われたそうです。
「険しい」って本には書いてあるけど、結構子供も登っているらしいし、前回ロックガーデンで岩場を経験しているので、sakuも大丈夫だろうと判断しました。

ほら〜こんな直立不動の一枚岩!高さどれくらいあるのかな・・・10m近く?写真は下りに撮ったんだけど、登りのときは若いお兄さんたちがロッククライミングの練習をしていました。ちゃんと岩のしたの道に布団(もちろん専用のかっちょいいやつですが)を敷いてやってましたが、その布団で山道がいっぱいになっちゃうのよね、あは。

sakuを連れているせいか、険しいって山で出会った人たちにも言われたんだけど、道はきれいに整備されているし、道幅も山道にしては広いほうだと思うので、sakuも平気でした。でも、ほとんど登りっぱなしなので、きついのはきつい。

今回は登山口まで車でいったので、登りは1時間半くらいで山頂に到着。山頂は見晴らしがよくてサイコー♪六甲山と違って周りは山ばっかりですが。お弁当を食べて休憩していたんですが、さすがにじっとしていると寒くかんじられます。シングルバーナーでお湯を沸かしてコーヒーを煎れていたおじさんたち!いいなあ。今度こそシングルバーナー買おう。子供のころ、母に連れられて山によく登りました。そのとき、冷凍したカレーを持っていって、固形燃料に火をつけて温めていたのを思い出します。楽しかったなあ。あれを、またやりたい!

さて、登りばっかり、登りがキツイってことは、下りが大変ってことなんですね・・・sakuにとって!下りは2時間以上かかりました。「こわい〜痛い〜」の連続です。大人の足ならきっと1時間かからないと思うのですが。こういうとき、しっかりした山用の靴を履いていないと足を痛めます。もちろん、私と旦那は山用の靴をちゃんと履いていますがsakuは普通のスニーカーです。厚めの靴下は履かせましたが、やっぱり足元が弱弱しいです。来年くらいは山用のジュニア靴を買わないとだめだな・・・
それでも、sakuはなんとかがんばりました。

下りの最後で旦那がこんなアホなことをやってました。まあ、疲れたsakuをほぐそうと旦那なりに考えてやってるみたいです。ちなみにsakuは右手に木の枝の「つえ」を持っています。あんまりしんどそうなんで、道端にあった木の枝を拝借しました。実は私も持っていましたが・・・いや、さすがにしんどいよ。

帰りは、登山口にある能勢温泉で足をほぐしました。ここは元かんぽの宿でしたが、郵政民営化で切り離されてしまったみたいですね。でも、子供(たぶん幼稚園くらいまでかな)は無料なのがうれしい〜〜あーーごくらく、ごくらく〜♪

先日、朝日新聞にも、親子で山登りのすすめっていうのが載っていましたが、ほんと、おすすめです。季節の移り変わりを実感できる。子供でも、すごく達成感を味わえる。根性つく。そして、お父さんの威厳がばっちり保たれる(これ、大事です!)つまり、家族の絆が強まる。やっぱり、お父さんがちゃんと子供をフォローして、道筋をつけてやるって大事なんだなあと実感します。
一山登ると、sakuはお父さんにものすごく尊敬のまなざしを向けるし(↑あんなしょうもないことするお父さんですが)、saku本人に自信と達成感がみなぎっているのがよく分かります。まあ、残念ながらその気持ちは数日も続きませんが、時折、自分であのお山に登れたから大丈夫、なんて言ってます。

お友達ママにも、一回くらい行ってみたいなあと言われますが、ぜひ登ってみてほしいなあ。
| お出かけ | 23:25 | comments(2) | - | pookmark |
初夏の夜
Image056.jpg
これ、なんでしょか・・・ホタルですよ。
もう遅いかなーと思いつつ、以前何度か見に行ったことのある、篠山の某所へ夜行ってきました。今年こそはsakuに人工的でない、野生の(?)ホタルを見せてやりたいと思っていたので。
少し風があって、涼しい夜、しかも月が出ていたので、あんまりいないだろうなあと思っていましたが、結構いましたよ。川べりの草の影、あちらこちらに小さなライトグリーンの光。時々ふわっと飛んできて足元に止まっていたり。sakuはもう大喜びでしたが、「ホタルさんがびっくりするから大きい声出したらあかんよ。」と私に言われていたので、親子ともども、小さな声で「光ってるね〜」!
ここに来るのは実は3回目。心無い人間のせいでホタルが激減したという話も聞く中、ここのホタルは大丈夫だったとほっとしたりもするのです。
帰り際、普通の人はホタルを見るために、絶対に車で乗り入れない場所に、ライトをこうこうと照らして乗り入れて来たオオバカタレ一家!ホタルを見にくるときは、ちゃんと勉強して来なさい!車のライトだけでホタルがいなくなってしまった場所っていっぱいあるんだぞ!!!
この地球、人間様だけが生きているのではない、と大人がしっかり子供に教えなくてはいけないのに・・・
最近、sakuもいろいろ知恵がついてきて、びっくりするような怖いことを言ったりします。たぶん他意はなく、人の真似しておもしろがってるんだと思いますが、そんなことばかりじゃなくて、もっと自分の身の回りの当たり前の自然とか、生き物についてもしっかり目を向けさせてやりたいと思っています。
| お出かけ | 23:50 | comments(2) | - | pookmark |
| 1/1PAGES |